2014年02月07日

遅延は遅延を呼ぶ?ーイタリア鉄道の実際。

イタリアは時間にルーズだという印象がある方は多いのではないでしょうか。

しかし最近は特急列車Frecciarossa(フレッチャロッサ)等、速さとサービスを売りに

している電車もあります。
列車の遅延
フィレンツェ中央駅サンタ・マリア・ノヴェッラ(Stazione di S.M.N.)

とは言っても確かに電車の遅延はまだ多く見られます。

特に各駅停車などは5分、10分の遅延など日常茶飯事です。

今日はそんな電車の遅延のお話しです。

どういう理由かはわかりませんが、遅延は遅延を呼びます。

始めは5分だったのが、10分、20分、40分、、、となっていくことも稀にあり

時刻表ではそれより後に出発予定のはずの電車に乗ったほうが早い!なんていうことも

ありますので、発車時刻の電光掲示板をよく確認しましょう。

列車の遅延
さてどこへ行こう?


マモがその昔旅行した南イタリアから電車で戻る際、何かの行事の都合で30分の遅延が

告知されましたが、その後何故かそれは1時間になり、3時間、、、最終的には8時間程

になってしまったことがありました。

駅から出てちょっとした観光や買い物へ行くような駅でもなかったですし、何せいつ発車

するかもわからない電車から離れることもできず、ただただ待つしかなかったという

何ともイタリアらしい夏の思い出があります

さすがにこの時はちょっとした食料(軽いスナックと飲み物程度)が支給されましたが、

この時の教訓を活かして、ちょっとした長旅には必ず何か食料を持つようにしています。


最近は1時間以上の遅延(電車の種類にもよる)の場合は返金される制度もあるので、

もしそのような事態に遭遇した場合には申請してみるといいですね。


特急列車は色々なお得なチケットも発売していますので、一度チェックしてから旅の計画

をたてることをオススメします


それでは、Buon viaggio!(ブォン ヴィアッジョ!=よい旅を!)

     

・Orario del treno(オラーリオ デル トゥレーノ=時刻表)

・Un biglietto(ウン ビリエット=切符1枚)

・Acquistare il boglietto(アクイスターレ イル ビリエット=チケットを買う)

・Binario(ビナーリオ=電車のホーム)

・Ritardo del treno(リタールド デル トゥレーノ=電車の遅延)




あなたのお役に立てたならポチッとお願いします。

今日もありがとうございます♪




posted by マモ at 06:02| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | イタリアの習慣・特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

遅延は遅延を呼ぶ?ーイタリア鉄道の実際。
Excerpt: イタリアは時間にルーズだという印象がある方は多いのではないでしょうか。 しかし最近は特急列車Frecciarossa(フレッチャロッサ)等、速さとサービスを売りに している電車もあります。フィレンツェ..
Weblog: GOGOITALIA!! イタリア留学・移住を目指すあなたを応援するブログ
Tracked: 2014-02-07 18:20
プレゼントが当たる懸賞ドリームプライズ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。