2014年02月08日

フィレンツェの雨事情…長い傘は必須アイテムになった。

フィレンツェは11月が雨季とされています。

…が、それもひと昔の前の話し。

というくらい最近は雨が多いのが現実です。
雨
これはもう世界的な気象変化ですからフィレンツェだけではありません。

今日はそんなフィレンツェの雨についてのお話しです。

10年程前のフィレンツェでは雨が降っても一時的なものが多く、

降られても折り畳み傘で充分事足りた(又は雨宿り程度)のですが、最近は違います。

風が強いことも多く雨量も多いので、長い傘を持つ人が多くなりました。


これは1966年に起こった貴重な映像、フィレンツェの大洪水の様子です。


今でも街中の建物の壁には当時の水位が刻まれているところがあります。

詳しくはこちらのブログに書かれているので、興味のある方は見てみて下さいね。



雨が降り出すと街中に現れるのが“傘売り”の人達。

折り畳みも長いのもあり、値段も人それぞれです。

必要な場合は値段交渉をして納得の行く価格で入手してみましょう!

結構柔軟に対応してくれますよ♪
雨
よく売られている虹色の傘


今は2月ですが、本当に雨が多い今日このごろです。

早くカラッとした小春日和が来ることを願います。


Pioggia(ピオッジャ=雨)

Sta piovendo.(スタ ピオヴェンド=雨が降っている。)

Ombrello(オンブレッロ=傘)





あなたのお役に立てたならポチッとお願いします。
今日もありがとうございます♪



ラベル:イタリア
posted by マモ at 18:19| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの習慣・特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プレゼントが当たる懸賞ドリームプライズ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。