2014年03月03日

蚊対策=網戸のないイタリアでどうする?=

イタリアの住居には最近でこそ網戸の設置されている窓があるものの

まだまだ大半はありません。

または自作の網戸(たまに隙間があったりする)です。
zanzara
夏になると盆地のフィレンツェでは蒸し暑さと蚊に悩まされます。


今日はそんな蚊対策についてのお話しです。

夏でなくともほぼ3シーズンくらいは目にする(温暖化の影響?)蚊。

日本でもお馴染みのシマ蚊はこちらでも存在します。

夜は蚊の音で起こされて眠れな〜い!なんていう方はベープ等のコンセント式

のものを使用している方が多いようですが、

マモはどうもあの臭いが苦手で、起床時も微妙にのどの痛みを感じてしまいます。

そこでここ数年愛用しているのがこちら!

殺虫ラケット 蚊取リーヌ ブルー

蚊取りラケットです。

フィレンツェのスーパーで発見して買ってみたところ、これは使えます!

(但し夜は起き上がって“蚊ハンター”にならなければなりませんが!)

家の中は白壁の多いフィレンツェ。

潰した蚊の汚れを付けたくありません。

壁に止まっていても飛んでいても、このラケットで即座に対応すれば

スイッと吸い込まれてあっという間にご臨終(ごめんね、蚊くん)。

蚊の多い季節はこれにお世話になりっぱなしです。

こちらでも日本でも、スーパーでお手頃価格で入手できるので、ぜひ使って

みてくださいね

意外と楽しいです、(特に男子に人気)。


こちらでは蚊帳タイプを使っている方もいますね。


また、蚊取り線香タイプや、蚊よけスプレー等もありますので、あなたに合った

タイプを探してみてください。


・蚊(Zanzara=ザンザーラ)
・ベープ(Vape=ヴァーペ)
・蚊帳(Zanzariera=ザンザリエラ(“エ”にアクセント))
・スプレー(Spray=スプラーイ)



あなたのお役に立てたならポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


今日もありがとうございます♪


ラベル:網戸 蚊取り
posted by マモ at 19:10| ローマ | Comment(0) | TrackBack(1) | イタリアの習慣・特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

蚊対策=網戸のないイタリアでどうする?=
Excerpt: イタリアの住居には最近でこそ網戸の設置されている窓があるものの まだまだ大半はありません。 または自作の網戸(たまに隙間があったりする)です。 夏になると盆地のフィレンツェでは蒸し暑さと蚊に悩ま..
Weblog: GOGOITALIA!! イタリア留学・移住を目指すあなたを応援するブログ
Tracked: 2014-03-03 19:57
プレゼントが当たる懸賞ドリームプライズ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。