2014年03月04日

行く? 来る? 〜表現の違い〜

「今日うちへ遊びに来ない?」と誘われたら、

「行く行くー!」と答えるのが日本語ですが、

イタリア語の場合は(直訳で)「来る来るー!」となりますね。

これは英語でもそうなります(日本語以外はそうかもしれません)ので

ご存知の方も多いでしょう。


今日はそんなイタリア語と日本語の違いについてのお話しです。

「今日うちへ来ない?」(Vieni a casa mia oggi?=ヴィエニ ア カーザミア オッジ?)

行けるなら「うん、行く!」(Si, vengo!=スィ ヴェンゴ!)

行けないなら「行けないの…」(No, non posso venire=ノ ノンポッソ ヴェニーレ…)

これは行くと来るの違いで、

来る(venire=ヴェニーレ) は話し手、または聞き手に向かう動きに使われ、

行く(andare=アンダーレ) は他の場所へ向かう動きに使われます。 


他にも「はい」と「いいえ」の違いもありますね。

「お昼ご飯食べてないの?」(Non hai mangiaoto il pranzo?

=ノナイ マンジャート イル プランツォ?)

これの答えは食べていなかったら、

日本語の場合「うん、食べてないの」となりますが、

イタリア語では「ううん(いいえ)、食べてないの」(Non ho mangiato

=ノノ マンジャート)となります。

食べていないという否定形=ノーとなるわけですね。

たまに混乱しがちですが、そこは慣れてしまえば大丈夫♪

少しずつ覚えて行きましょう


☆イタリア語の文法はもちろん、イタリア語の背景や文化や歴史についても
触れているので、これからイタリア語を勉強しようと思っている方や
旅行を計画している方にはオススメの本♪

はじめてのイタリア語 (講談社現代新書)




☆やっぱり基本は大事!ということで、文法をしっかり学んでおくと後々ラク♪

しっかり学ぶイタリア語―文法と練習問題 (CD book―Basic language learning series)



☆そしてもちろん会話練習は欠かさずに♪
スカイプでのE-ラーニングは強い味方。
日本でばっちりネイティブからの生イタリア語で耳慣れしておきましょう♪


時間はかかりますが、でもイタリア人に言わせると日本人のイタリア語習得の速さは

他国の方に較べて速いそうです。

日本人にとってイタリア語は発音がそれ程難しくないので、自信を持って学びましょう!





あなたのお役に立てたならポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


今日もありがとうございます♪
ラベル:Italia 留学
posted by マモ at 21:00| ローマ ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 語学習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

行く? 来る? 〜表現の違い〜
Excerpt: 「今日うちへ遊びに来ない?」と誘われたら、 「行く行くー!」と答えるのが日本語ですが、 イタリア語の場合は(直訳で)「来る来るー!」となりますね。 これは英語でもそうなります(日本語以外はそうか..
Weblog: GOGOITALIA!! イタリア留学・移住を目指すあなたを応援するブログ
Tracked: 2014-03-04 23:27
プレゼントが当たる懸賞ドリームプライズ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。